ホーム>スタッフブログ>傷つくことはハートが開くこと
スタッフブログ

傷つくことはハートが開くこと

傷つくことはハートが開くこと

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

傷つくことって、誰でも嫌なものですよね。

でも、傷つかないようにしていると、どうしても人と距離を置いたり、

当たり障りにないような言葉で、本心を明かさないことがあります。

そういう行為は、自分を常に防御していることです。

確かに傷つかないけれど、何も起こらない。。。。

自分を明かさなければ、相手も明かしてこない。

深い人間関係ができなくなってしまいます。

私たちが、愛を感じることができる一番の方法は、人との関わり合いの中です。

傷つくことを恐れてばかりいたら、愛を体現することもできなくなってしまいます。

防御は、恐れを前提にしていることなので、却って攻撃を呼んでしまうのです。

その防御壁は、いつか壊されるべきものなのです。

また、壁がなくオープンでいれば、何の攻撃も受けることはありません。

相手をすんなり受け容れるだけです。

動物などは、警戒も抵抗もしていないよ、という時には自らお腹を見せますね。

そんなお腹を見せられたら、こちらも素直になんて可愛いのだろうと、心が緩みます。

人間関係も、それと同じで良いのではないのでしょうか。

もし、あなたが傷ついたのなら、相手を責める前に、

これを機に、自分のハートが開いているのだと思ってみてください。

傷ついたことで、もっと壁を厚くする前に、壁をなくしてしまった方が、もう傷つくことはなくなるのです。

あなたのハートは、自ら開いていくことを望んでいます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

真心と愛を込めて

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.amour-ange.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/80