ホーム>スタッフブログ>2017年2月

2017年2月

天界からのオラクルメッセージ(2/27〜3/5)

天界からのオラクルメッセージ(2/27〜3/5)

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

今週の天界からのオラクルメッセージをお届けいたします。

201722712405.JPG

今週は、マーメイドアンドドルフィンオラクルカードを使って引いてみました。

オラクルメッセージ

今、あなたに起こっている変化は祝福されたものです。

思い通りにならないことを心配しているかもしれませんが、

自分の想像を超えた出来事に心を開けば、何事も楽しくなるでしょう。

自分の力をもっとオープンにしていきましょう。

あなた自身も、もう抑えていることに違和感を感じていませんか?

今こそ、本当の自分の力を表に出すときです。

そんなあなたをサポートしてくれる人が現れます。

ピン!と来る人がいるなら、早速連絡を取ってみましょう。

あなたが母親なら、子供と過ごす時間を大切にしてください。

また、母親に自分から歩みより、一緒に二人だけの時間を過ごしてみてください。

愛情や思いやりの心によって、あなたに深い安堵感や平和が訪れます。

今あなたに必要な心の安定は、親子の関係でもたらされるのです。

もう、自己嫌悪や自分を責めることを解放しましょう。

自分自身を痛め続けることは何の意味もありません。

「私は自分を許します」と何度も唱えることで、完全に解き放たれます。

どんな時でも、あなたは守られているので安心してください。

自ら孤独になろうとせず、自分自身を許し、人に天界に心を開いて信頼してください。

閉ざされた扉を自分で開けることが求められています。

解説

自分の思う通りにならないことが続いていても、この変化は最善です。

今は、自分の思い通りにする、という概念から自由になりましょう。

そうすれば、抵抗することなく変化を楽しむことができます。

心が安定していない原因は、あなたの親子関係にあるのかもしれません。

親との関係、子供との関係を癒すことで、心が安定し満たされていきます。

心が安定することで、もっと受け取ることがスムーズにできるようになるでしょう。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

しがらみで身動きが取れない時

しがらみで身動きが取れない時

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

自由に好きなことをやっていきたいけれど、しがらみがあるから出来ないと思うことがあります。

しがらみとは、あなたの行きたいと思う流れをせき止める柵のようなもの。

いわゆる障害です。

障害は、外部の者によってつくられたと思ってしまいますが、実はそうではありません。

外部によってつくられたと思い込んでいると、その障害を取り除くことに必死になります。

そこに時間と労力を費やしてしまうのです。

本来の目的はそこではないはず。

あなたの行きたい場所は流れの先です。

目的を見失わないことが大切なのです。

目的に標準を合わせて、そこにたどり着くことだけを考えていると、

しがらみという障害は、意外にも難なく消えてしまうのです。

しがらみは、自分の本来の目的を成し遂げることができるか、それを試すかのようなものです。

しがらみで身動きが取れない時、自分は本当は何がしたいのか思い出してください。

目的に標準を合わせれば、しがらみから解放されます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

 

楽な道に気づくこと

楽な道に気づくこと

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

楽な道と聞くと、手を抜いたり、いい加減なことをイメージするかもしれません。

私たちは、なぜか楽な道よりも敢えて苦難の道を選択しようとしてしまいます。

楽な道は、決して手を抜いたり、いい加減なことをしていくわけではありません。

実は、楽な道が本来の通るべき道であり、苦難の道は、行き先とは反対方向なのです。

なので、反対方向の道へ迷い込んでしまった時は、早く気づくために、苦難が襲いかかります。

「こんな大変な道じゃない!間違えた、引き返さなきゃ!」

と思うところなのですが、

その苦難の道で頑張ってしまう人もいるのです。

あなたはどちらですか?

自分が思ってもいないようなことばかり押し寄せてきたり、

自分がやらなくてもいいことばかりやっていたり、

元気や気力がどんどん無くなっていくようなら、

現時点でその道は苦難の道です。

そのまま突き進まないで良いのです。

間違えた!と気づいたら、すぐに今と逆のことをしましょう。

やらない、という選択も有りなのです。

そして、自分が心から望むことだけをする!と決めてください。

それが方向転換になるのです。

楽な道は、あなたに活力を与えやる気を出します。

面白いように物事が進み、自分が生き生きしてくるのを実感するでしょう。

どうぞ、本来の楽な道を選択してくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

結婚生活は育むもの

結婚生活は育むもの

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

恋人同士の関係は、恋愛感情が前提にあります。

結婚も、恋愛の延長線上に行き着くものですが、新たな課題が突きつけられます。

二人の関係には好きだけではいられない、相手のいろいろな側面が見えてきます。

それをお互いがいかに受け容れることができるか、それが夫婦の関係のように思えます。

そしてお互いを受け容れながら、夫婦という関係を育んでいく必要があります。

それは、ただ恋愛感情だけでいられた恋人同士との関係とは違っていきます。

でも、相手をもっと好きになり敬うこともしなくてはなりません。

子供ができたら、子供を育み、自分たちも父親母親として成長していくことが求められます。

家族という形ができると、それをまた育み成長させていくのです。

結婚は、家族というブロジェクトをそれぞれ力を合わせて大きく育んでいくものなのかもしれません。

それには、お互いのいろいろなことを知る必要があります。

空気のような夫婦関係では、何も育むことはできません。

近くにいてもお互い何も知らないままでは、プロジェクトに着手できないのです。

結婚生活が何十年も経っていても、夫婦の関係が何も育っていないこともあります。

二人の間に空洞ができてしまっている夫婦も存在しています。

側にいるだけでは、何も知ることはできない。

側にいるからこそ、積極的なコミュニケーションが必要になってゆくのです。

縁あって結ばれた関係が、空洞になり空中分解しないように。

夫婦、家族、親子の関係をより良く育んでいきたいものですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

 

 

 

悩み過ぎの負のスパイラルを断ち切る

悩み過ぎの負のスパイラルを断ち切る

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

悩みは誰でも抱えています。

でも、それをすぐに解決できる人とそうではない人の違いは何でしょう?

問題の大小が関係しているわけではありません。

その人自身の対処の仕方で変わっていきます。

悩みや問題にぶち当たる時は、一時的に立ち止まらなくてはなりません。

それを素直に受け止めることができるか、決断することができるかで、すぐに解決できるのです。

何年も悩み続けている人、問題を抱え続けている人は、

問題と真正面に向き合っていない、受け止めないと抵抗している場合が多いのです。

人は成長し前進していくものです。

エネルギーは進む方向へと動いていきます。

悩みをいつまでも抱えている人は、立ち止まっている時間が長いので、エネルギーが前ではなく後ろ、上ではなく下に動いてしまっています。

長く止まれば止まるほど、エネルギーは逆方向に働いてしまうのです。

自分は立ち止まっても、エネルギーは動いています。

そのまま負のスパイラルに陥ってしまうことがあるのです。

一時的に立ち止まることがあっても、長居は無用です。

立ち止まることは、自分に気づきが必要な時なのです。

長く立ち止まっているなら、今すぐにでも負のスパイラルを断ち切って、

エネルギーを健全の方向へ働きかけましょう。

それには、素直に問題と向き合うことが肝心です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

 

 

 

天界からのオラクルメッセージ(2/20〜2/26)

天界からのオラクルメッセージ(2/20〜2/26)

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

今週の天界からのオラクルメッセージをお伝えいたします。

2017221182127.JPG

今回は、マジカルフェアリーオラクルカードを使って引いてみました。

オラクルメッセージ

あなたが大切に育てていたものが、大きく膨らんできています。

もうじき、それが外へと出てゆく時がやって来ます。

自分自身をベストコンディションに整えておきましょう。

自然体であることが、自分のエネルギーを高めていくことになります。

春になれば、期待とともにあなたに良い知らせがやってきます。

事前に、祝福して喜びを感じていてください。

あともう少しの辛抱です。

集中を切らさないように意識を向け続けていてください。

全てを手にしている余裕を感じながら、前に進んでいきましょう。

あなたの前向きな行動が美しい花を咲かせて、通る道を華やかに飾ってゆきます。

高い目標をかかげながら、それが叶うことを肯定し続けてゆくことが、

天があなたに求めている最善のことなのです。

解説

あなたの願いが実現化に向けて動いています。

クリアーな意識と身体で、整えてゆきましょう。

喜びと感謝を感じながら、前に進み続けてください。

アファーメーションは、あなたの願いを叶える魔法です。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

 

傷ついた心の癒し方

傷ついた心の癒し方

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

人から何かを言われて傷つくことは、それが自分の中にあるということを示しています。

心の中にあること。。。

自分がそのことを嫌だと思っていたり、人に知られたら恥ずかしい、隠したいと思うようなことです。

自分の中にないものだったら、相手がいくら罵声を浴びせたり、怒って暴言を吐いたとしても、

「ひどく怒っているんだな・・気の毒な人だな・・」ぐらいにしか思わないのです。

傷つくことをされると、そんなことをする相手が悪いと思います。

相手を責めて、たとえ謝られたとしても、何か許せない気持ちが残ってしまうことがあります。

自分の心の中を勝手に開けら憤慨しても、それは、いつか必ず表面化してくるものです。

隠せば隠すほど、苦しくなり、またさらに傷つくことになります。

けれども、別の視点から見ると、傷つけられたことは、癒しの機会が与えられたのです。

自分が背を向けていたことに向き合い、受け容れる時がやって来ました。

癒しが起こるには、まず受け容れることをしなければ解放には至りません。

いつまでも心に抱えていることで苦しむことは、魂は望まないのです。

魂が解放を望んでいる時、他の誰かに自分の心を開けさせます。

なぜなら、自分は抑えたり隠すことに意識が向いているからです。

傷ついたことが、癒しを起こし、本当の心の平穏を招いてくれます。

心の中には、愛と平穏だけであったら、もう傷つくことはありません。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

 

 

失恋が新しい恋を呼び込む

失恋が新しい恋を呼び込む

こんにちは。松本 薫です。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

失恋は辛いものですが、失恋したのも束の間、すぐに新しい相手が見つかる人がいます。

どうせ、モテるんでしょ・・と思うかもしれませんが、意外にも宇宙の法則が働いているのです。

古いものを手放せば、必ず新しいものが入ってくる法則。

失恋してなかなか次の恋に巡り合わないのは、まだ前の恋を手放すことができていないからなのでしょう。

相手に未練があったり、後悔することは、今ではなく過去に意識が向いています。

まだそこに執着していることになります。

終わった恋に見切りをつけて、新しい一歩を踏み出すことが賢明です。

失恋は心が傷つきますが、それによって良い作用が起こるのです。

それは、ハートが開くこと。

傷つくことは、なんと、自分自身の殻を破ったり、ステージを上げることに導いてくれるのです。

まさに、ハートが固い殻で覆われていたところにヒビが入ったのです。

自分のハートがよりオープンになるチャンスです。

ほとんどの人は傷つくことに恐れを感じ、さらに恐れで傷を埋めようとしてしまいます。

そうなると、余計に閉ざされてしまうのです。

新たな恋のチャンスが入る隙間もありません。

さらに良い出会いの機会がやってくると信じて、ハートを開いていきましょうね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

 

前の恋人 前妻と競い合わない

前の恋人 前妻と競い合わない

こんにちは。松本 薫です。

女性ならこのような経験があると思います。

彼ができてすごく嬉しいけれど、前の彼女のことが気になる。

どんな人だったのかな?なんで別れたのかな?

また、旦那さんが再婚だとすると、前妻はどんな人だったのか気になる。

自分の目の前にいないのに、妄想の中で相手のことをいろいろ想ったりしているのです。

不思議なことですよね。。。

客観視すれば、なんて無意味なことをしているのだろう・・・と思います。

でも、この妄想が進んでしまうと大変なことになってしまうのです。

前の彼女 前妻が自分の敵のように感じてしまうことがあります。

彼や旦那さんが、何気に前の彼女 前妻のことを口に出したりすると、不安になったり、勘ぐったりして、

気持ちが休まることがありません。

そんな見えない敵を自分で創りあげて、疲れ切っている女性がいました。

幻想とずっと競い合っていたのです。

自分が創り出した幻想だから、気づかなければ永遠に終わることはないかもしれません。

冷静になって、自分を客観視すればわかることです。

そして、一番大切なことは、今、彼や旦那さんが選んだのはあなたなのです。

わざわざ不安を創り出すことはありません。

自分を選んでくれたことに感謝して、愛を育むことだけに専念しましょうね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて

逆DVで悩む女性

逆DVで悩む女性

こんにちは。松本 薫です。

DVと聞くと、男性が女性に暴力を振るうことを思い浮かべてしまいます。

男性の方が体力的に力がありますし、その力に抵抗できる女性はなかなかいません。

男性の怒鳴り声や暴力的な姿を見ると、ほとんどの女性は怖いと思うでしょう。

でも男性側から見ると、女性がヒステリックに怒ったりする姿はかなり恐ろしいようです。

さらに男性に手を挙げてしまう女性もいます。

自分の旦那さんにDVをしてしまうことに悩んでいる女性が、相談に来たことがありました。

最初は、旦那さんの優柔不断で決断力のないところ、自分が頼りたいのに、

相手の方が頼りにしてくるところにかなり苛立ちを感じていました。

相手が弱いから強くなってしまう、また自分が強く出るから相手が弱くなってしまう・・・

どちらが正しいという答えは見つかりません。

ただ、相談者の女性も、苦しいでいました。

感情的になって怒り叫び、暴力を振るってしまう自分が嫌で罪悪感に苛まれていました。

もう暴力を振るうのはやめよう、と思っても手を出してしまう・・

いくら言っても旦那さんは変わろうとしないし、もう離婚するしかないのかもしれない。。。

相談者の女性は、旦那さんを必死に変えようと奮闘していました。

そこが問題だったのです。

正当性を理由にあげて、相手を変えようとしても、人は変えることはできないのです。

変えることができるのは唯一自分だけです。

イライラしていることは、自分に対しての苛立ちだったのです。

相談者の方はとても上昇志向の強い方でした。

仕事もバリバリやって、キャリアを積んでいこうと思っていた矢先に病気になってしまったのです。

難病と云われる病にかかってしまい、やりたいと思っていたことを諦めてしまいました。

相談に来た時は、だいぶ症状も安定されていましたが、またいつ再発するかわからない恐怖を抱えていました。

状況を呪っていても事態は悪化するばかりです。

病気は、ある意味自分に対してのギフトでもあります。

それを受け容れた時に、本当のギフトとしての意味を知ることができるのです。

今までやりたいと思っていたことはできなくなってしまったけれど、

視点を変えれば、新しくできることも必ずあります。

過去を手放し、自分の現状を受け容れることで、心に平穏が訪れます。

自分自身を満たすことも自分にしかできません。

全てが祝福に変わることができるように、優しく自分自身を受け容れましょう。

心が穏やかで、自分自身で自分を満たしてあげることができたら、もう旦那さんにDVを振るうことはありません。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

愛と感謝を込めて